🎃ヨモツンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

少子化

 少子化の原因それはすなわち・・・1970年代以降、新左翼によってすすめられてきたウーマンリブ運動の成果なのでは無かろうか?

 それ以前の世界は産業革命と家父長制度(Wikipediaによれば日本では19世紀に廃止されたらしい)による近代的な価値観で
女=子供を産む為のマシーン
と位置付けられており、国家はあの手この手で女性に子供を産ませようと圧力をかけていた。(ような気がする)
 日本では富国強兵というスローガンの下に男に女をくっつけて子供を産ませていた。
 その時代の名残が例えば賃金格差だったり、レイプ無罪だったりする。例えば女が男を性犯罪で訴えられるようになったのは90年代も後半。
 そこから2010年ぐらいまでは、当時流行った「サバサバ系女※」を筆頭に兎に角、男と距離を置こう❗立場の弱い男を攻撃しまくろうという教育が学校でなされ正に女達のジハードの時代があった。
 そして女は結婚しなくていい❗ もっと自由に生きて、男に媚びない女がカッコいい❗ 結婚するなら男性を厳しく審査しましょう! というのも流行った。当たり前だがこれでだいぶ少子化が加速した。
 だが個人的には少子化はあくまで子供を労働力、女を産む機械として扱っていた時代と現代を比較した相対的な話であって、女性を国家が縛らない、かといって狂ったフェミニズムにもかぶれていないありのままの状態にした今の出生率こそが正常値なのでは無かろうか?  と感じている。
 
 

figma R-TYPE ドブケラドプス ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 戦後フェミニズムの総本山は新左翼であり中国共産党がその盟主。最近はメンズリブ、つまり男性の権利運動もある。
 女性学のベースはマルクス主義であり、例えば上野千鶴子教授はガチの共産主義者である。
 そして例えば性犯罪者の人権を護っているのも共産党だったりする。人権問題全般をカバーしているのが共産党とも言えるのでこのように対立もありうる。
 
 ※サバサバ系女とは例えば、国会議員の蓮舫氏や、バイオリニストの高嶋ちさ子氏のような女性たち。 

共産党の人口調整ウィルス

  日本政府は初期段階つまりテレビで専門家が
「人人感染はしません。」「死ぬのは病気の老人だけ」「年内に治まる❗」等と何の根拠も無いこと言っていた時期からすでにこのウィルスが何なのかを掴んで居たのだろうな。
 政府にとって医療費を削減するまさにラッキーウィルス❗希望の光。
 年金問題はもうすぐ解決する❗

 ビバ! 武漢肺炎❗ ありがとう中国共産党❗

 そのように考えておるのかも知れんな。👹

               トロール
 
R-TYPES RETROGAME MUSIC COLLECTION EX

 因みにテレビで専門家を出すときは通常、「〇〇大学■■学部の〇〇名誉教授」というような泊付けをするものだが何か隠したい事がある時、例えば外部からの依頼があったときは必ずと言っていいほど
この「専門家の意見によると」「識者によれば」というような濁した表現と使い回しの人物を登場させる。

🚺フェミニズム・カウンセラーのメリット&デメリット

 こんにちはです。私自身誤解していたのですがフェミニズム・カウンセラーというのは、どうやらフェミニストを養成する為のカウンセリングを行う先生のようです。
 フェミニズムの世界というのは多くの場合、共産主義運動等が土台にあってそこから女性の人権、男性社会に置ける誤った性教育、国家権力の横暴や男性からのドメスティックバイオレンス、ジェンダーの問題などが複雑に絡みあいながら積み重なっております。
 そして複雑怪奇なそれらを系統別に整理しながら女性がのびのびと生きて行くための生活の知恵等をまとめたのが有名な「女性学」ですね。
 興味のある方は検索してみてくだされ。話をしている先生はみんな面白いです(*´・ω・`)b
 ただ、やはり名門大学で研究されているだけあって女性学は非常に難解です。
 

 ですから、いつかフェミニズム運動に参加したい❗
 そう考えている貴女が例えば、よーし女性学を極めるぞと講習を受けに行った場合、そこではあくまで一般人に関わりのありそうなテーマの一部を切り取って、誰にでも解りやすく単純化してレクチャーしているだけですから、本格的に学ぶ為にはやはり厳しい入試を突破して大学に入るしか手は無さそうです。貴女がもしも学力とお金に自信が無いのであれば「女性学→フェミニスト」のルートは少しばかりハードルが高いと言えるでしょう。
 かといって、いきなりフェミニスト団体に合流しようとしても、単純に周りと同じ文言を叫んでいればなんとかなった平成初期とはレベルも環境も違い過ぎますから周りについて行けず結果的に一人だけ浮いてしまうでしょう。
 困りましたね。

 そこで冒頭でご紹介した
フェミニズム・カウンセラーの出番です❗
 今、貴女が直面している問題から男性中心社会による誤った女性の扱いや、性差を押し付けるジェンダー問題を解説してくれるのでとても解りやすく、フェミニズムの世界にどんどん入って行けます。
 彼女たちは運動の歴史なども諳じられる位研究している上に一々素人にも解りやすく、根気よくレクチャーしてくれますから気づけばフェミニスト仮免許位になっています。
 フェミニズム・カウンセラーを名乗っている先生ならば団体直轄ですからそこから先、貴女が希望すれば間違いなく市民団体に所属させて貰えるでしょう。 
 言うなれば自動車学校よろしく一人前のフェミニストになる為の専門学校、それがフェミニスト・カウンセリングと言えるかも知れません。
 デメリットは…まあ、普通の心理カウンセラーと間違い安いということ。
 はじめから「フェミニズム・カウンセラー」と名乗ってくれているなら間違いが起きにくいんですが、これが「女性の為のカウンセリング」とかになると何だか普通科の心理カウンセラーなのか政治運動科のカウンセラーなのか判りづらいですね。😅

 例えば単純に生きづらさを感じた女性が「男の為の化粧品」「男性用ブラ」みたいな感覚でホイホイ受けてしまうと、いきなりフェミニズム入門講座が始まり少し困惑することになります。中にはサービスで普通のカウンセリングをしてくれる先生もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にはフェミニズム運動が主体のカウンセリングという事になります。
 他方、フェミニズム的なカウンセリングを受けようと思っていた女性が普通のカウンセリングをされてしまい「ちげーよ、そこじゃねーよ」ってなってしまう可能性も考えられます。
 なのでこの辺の見極めと住み分けが重要になるかと存じます。
            
          ダークエルフの長老
 第11話 始動 -魔女狩り-

 と、言うわけで今回は敵に塩を送ってみたぜ?👿
 最近フェミニストの数が激減している理由を私なりに分析してみた結果、原因が2つ見つかりました。
 1つは平成初期までと違い世の中全体の分野が細分化されて、一般人がわざわざ左翼運動に参加しなくても問題解決が出来るようになったのがあげられます。昔は性暴力に巻き込まれても
「犬に噛まれたと思って忘れなさい」「女が誘ったんだろ?」という古くさい名言(?)がある通り、社会からの理解は無く、警察は動いてくれませんでしたし、性犯罪専門の弁護士も中々いない状況でしたから共産主義運動が言うなれば駆け込み寺みたいな部分があったのです。
 
 フェミニストが少子高齢化しているもう1つの理由は、女性学という学問が出現している通り、最早フェミニズム運動自体が専門的になりすぎて、素人が飛び入り参加できるような古き善き時代では無くなっている事です。いざフェミニストを志しても周りが何を言っているのかちんぷんかんぷんですし、もしかしたらそのうち先輩方から怒られてしまうかも知れません。
 つまり一般人がフェミニズム運動に参加したくても入口が見当たらない。これが2つ目の理由となります。
 つまり、上記を解決すればまだそれなりに需要があるのではないか? と考えてみました。
 私自身は虐待されて育った愛を知らぬ男性です。そしてフェミニズム運動自体が実は「性差は昔からのしきたりだから従うのが当然だ」と豪語しているミソジニストと同じ次元の事をしている事にすら気づかない自己矛盾した極めて人工的な教えなので、野山や湖、河や海を友とするシャーマンの私達にはそもそも生理的にうけつけません。
 言うなればフェミニストに見つかり次第、狩られ尋問され公開処刑される魔女が私です。
 ですがフェミニストの弱体化は、別な問題も引き起こし兼ねないのです。集団ヒステリックなフェミニストたちは本人達の思いもよらないところで実は社会の役に立っています。ただ、その内容を公開してしまうと役立たずになってしまうので言いたくありません。👿
 色々思うことがあり今回のエントリーを書いてみました。
             ダークエルフの長老
 

生きづらさを感じているなら

 ヨモツンヘイムに置いて性的虐待、暴力事件などに巻き込まれて、或いは押し付けられたジェンダーで生きづらさを感じているなら、まずは心理カウンセラーや弁護士等の専門家を頼りましょう。この場合の専門家というのは、ライフワークもその職業にゆかりのある事をやっているような人達のことです。
 因みに政治運動カウンセラーや政治運動弁護士のようなのは無論、ライフワークと職業が一致しておりません。
 必ずしもそれが悪いという訳ではありませんが、そういう人達は紹介ページをご覧になればわかる通り、職業よりも先にライフワークである政治運動がつきます。政治運動がメインになってしまっているんですね。 そういう人も世の中には必要でしょうが、もし貴女が心身に深いダメージを負っているならライフワークと職業が一致している人を探しましょう。
 ユーチューバーの中にはライフワークと職業が一致している方々が居ますから、お金の心配があるならそういったチャンネルを覗いてみるのが一番ハードルが低いでしょう。
 そこで一旦元気になってから例えばフェミニズム・カウンセラーや人権派弁護士に相談するのはありだとは思いますね。そのころには心身に余力がありますから思いっきりフェミニズム運動の世界に没頭できます。
 要は使い分けが重要。
 心がズタズタになっている状態で政治運動系のところへ行ってもそこはあくまで政治運動がメインの人達なのでトリアージして貰えません。
 政治運動というのは 個人<全体<組織 の価値観で動いて居ますので、つまりそういうことです。😅
 政治運動に参加する為のカウンセリングや新規教育が優先され貴女の問題そのものは騙し騙し後回しになってしまいます。
 元々、政治運動系のカウンセラーや弁護士はそれが売りであるのでその方々に罪はありません。
勿論、貴女にも罪はありません。
図説 魔女狩り (ふくろうの本/世界の歴史)
 
 心理カウンセラーや弁護士に関してはYouTube観てから考えるのが良いかと。今のところタダなのでハードルは低いでしょう。
 心身のトリアージが先か? 政治運動が先か?
 
 因みにYouTubeを検索する時のコツは「女性の為の○○」で検索してしまうと100%政治運動系のオンパレードになってしまうので、「心理カウンセラーユーチューバー」で検索を掛けて、ヒットした中から女の先生を選ぶのが捗ります。
 まあそこから先は御自身でどうぞ。
 自分は西村ゆかり先生がフィットしました。
 
              ダークエルフ  
       
 

芸能人

 SMAPの草薙さんが一般女性と結婚するらしい。
かなり愛情に飢えていた節があるので穏やかで暖かい家庭になってほしい。
 天才革命家不登校小学生ユーチューバーゆたぼんが彼女沢山出来すぎてハーレム状態…実際観たが、あくまで舞台上の演出っぽい。
 いや、その状況はパパの才覚でどうにでもなるからどうでもよい。
 問題はゆたぼんが明らかに成長してる節があること。いや、普通はここまで恵まれた環境を与えられたら堕落すると思うだろう。
 しかし男というのは不思議なモノで恵まれた環境を与えられたら最初は糞生意気な態度や言動が目立つがそのうちドンドン大人の落ち着きが出てくるものなのよ。ラストエンペラーという映画の主人公、アイシン・チュエルオ・プーイーが解りやすい。
 甘やかされて糞生意気だったガキが成長と共に貫禄と落ち着きが出てきて大人の男性になってゆく。

 彼に比べたらこの間までPTSDかつ失語症ぎみ(男性はジェンダーにより迫害を受ける為、結局誰にも助けを求められなかった)だった俺らは野犬だ。
 ある意味多くのフェミニストと同じかそれ以下の境遇だが社会から徹底的に攻撃されるため却って過激な運動家のようにならずに済んでいるのかもしれない。知り合いのゆとり世代は、社会から変にバックアップされてミソジニストになった。
 具体的には「男がてら料理が出来る」ことを以てスーパーの女性店員等に一々マウントを取る。寮で皆の分の食事を用意してくれるのだが、実は毎回手直しと後片付けをしていたのは私だったw 
 外部から力を与えられているからこそ自分を顧みることなく運動家(アダルトチルドレンズ)となりファシスト(ミソジニストも同様)に進化するのだよ。他国の道具としての。
 

           とあるゴブリン

「フェミニスト」を勉強することは新興宗教の分析に役立つ

 フェミニズムは宗教である。

 なんて言ったら怒られそうだが、鬼滅の刃にクレームつけてきたオバチャン。
 その魔女狩り的な邪悪さをみるにフェミニズムそのものが純粋なカルト宗教なのだなあと。 すなわちフェミニズムの起こりから没落までを研究すればカルト宗教が生まれるメカニズムが明らかになるのではないか。

 ・教条主義、排他的で同調圧力満載、社会問題を掲げているのに現実を全く直視しない、他人の成果を自分の教団の成果にすりかえる、正義マン的集団ヒステリーを起こしてばかりで会話にならない。

勿論、これに当てはまらないフェミニストの先生もいらっしゃいますがそもそも進んでフェミニストをしていると言うより他に発言できるところがないので消極的なフェミニスト。(いや、本来フェミニストとは彼女達のようでなければならないのだが)
 今のところフェミニズム運動は人権問題を掲げているにも関わらず、キチンと問題に取り組んでいる人物、教団の根底を支えているような人物を危険分子とみなしがち。(それは追々語って行こう)
 とにかく、私が何を言いたいかというと
 フェミニスト全体を学術的に研究すると人間社会の歪みと向き合うことになって面白いぞーってこと。
 そもそもフェミニズムなんて形成するようなのは女の中でも飛び抜けて女々しい人達なので、そこから仮説を建てると
 女はミラーニューロンが発達している上に教条主義。→フェミニズムに傾倒するのは女々しい女であり、くすみのないミラーニューロン集合体→フェミニズムは社会の負の部分に焦点を合わせている曇りなき鏡
 
 つまりフェミニストとは社会の歪みを混じりっけ無しで綺麗に再現している鏡。
 そこを覗き込めば己の汚い顔も見ることもできる。
 
 (私自身はフェミニストの母やおばちゃんたちから「男には女と同じ苦しみを与えてやる」「どうせお前も優遇されて育ったんだろ?」と言われてあらゆる虐待を受けてきたのもあるが、何よりシャーマンなのでそもそも教条主義的な集合体に胡散臭さを感じてしまう体質)
 

 とまあこのように仮説を立ててみましたが陛下、
もしも魔女狩り旋風のようなサイコハザードが発生した際の各種ワクチンはフェミニストから作れそうです。卓越した物真似性、ドグマ性はコピー&ペーストという言葉でまとめられそうです。宗教とは環境を無視したコピペのごり押しなのです。
 R-TYPE3           

 あ、因みに私は宗教もフェミニストも大好きです♥️ 
 まあ出来れば変な国々と縁を切って集団ヒステリーから脱却し、真っ当な団体として君臨してほしいけど(いや、今の社会的には私が悪魔の使いで彼女たちこそキリスト教会ですが)、
願望としては本当の問題と向き合って欲しいな、と思いますね。男がだらしないなら。
 



 
 


 

フェミニストが支持を取り戻す秘策

 日本のフェミニストが嫌われてしまった本当の原因は、それを名乗る教師や個人の大暴れそのもの。
 これはネット右翼の問題にも通じるもので、やはり闘争を目的とした組織というのは軍隊と同じ問題を抱えるものなのだろう。例えば組織の存在意義を全く理解しない下の者達が現地人を見つけて「お前もどうせゲリラなんだろ?」等と決めつけ勝手に逮捕して虐待死させたり、子供を拐って何時間も追い詰めて洗脳してしまったり、ともすれば上層部ですら、それを戦いの為だから仕方ないと放置。
 寧ろ上層部からして兵士達が戦いを躊躇しないよう「鬼畜米英❗」「イエローモンキー」「チャンコロ」等と人種そのものをデモナイズして、何時間も嘘の教育を施し戦場へ送り出して行き、帰ってきた負傷兵の心をケアがてらまたまた敵に対する憎悪を植え付ける教育を施す。
 そうやって産まれたソルジャーたちは憎悪を精神安定剤にしているためもう二度と人間には戻れない。 ←これを戦後の国際社会が見たらどう思うでしょうか? フェミニストを嫌っている人々の多くが実はフェミ思想や女を憎んでいるのではない。
 
 ともあれ昭和産まれのフェミニストたちは多くがサークル等でそのようなカルト教育をうけ、我が子をも虐待していた。「女と同じ苦しみを味わわせてやる❗」と罵り。
 日本のフェミニズムは共産主義の一形態としてスタートした「戦う組織」でありまさに軍隊。
 今でも朝鮮や中国と仲が良いのはその名残であるが、もしかしたら単に活動資金援助を受けているだけ(つまりスポンサー契約)なのかもしれない。とにかく男は絶対許さない❗徹底的に叩け❗をスローガンとした旧来の日本フェミニズムは90年代~00年代という特殊な時期も相まって政治的に強い立場であり続けるべく時として性犯罪被害に遭った女性や児童虐待を受けた子供達すら攻撃目標にしていた。

 そう。どれほど言い訳しようと共産主義から始まった日本フェミニズムの本質はあくまで戦争なのである。これは男という性が消滅するまで行う昭和女達の怨念ジハード。
 それは公立の学校や国会、PTAで吹き荒れたレイシズムの嵐だった。彼女たちによる狼藉もかなり目立った。
 最近ではそれらを無かった事にしようとする動きもある。彼女たちは叫ぶ❗ 「フェミニズムを陥れて来たのはネットだ❗ マスコミだ」と。
 だが事実は少し異なる。まずマスコミなんてのは大概フェミニストや左翼の味方だったしそれは今でも変わらない。ネットがどうのというのも違うだろ。
 ツイフェミのようにかつての面影を残すフェミニズムもあるのだから原因は別にある。

 ■ 支持を取り付けるべき臣民を撃ちすぎた。

 ここが重要。旧来のフェミニストはツイフェミと同じように嘘と思い込みと隣国の思惑を反映させた上で大人ではなく子供を攻撃していたし、男女が交際することさえボコボコにしていた。
 当時は今のようなネット世論も無かった為、確かに男社会と権力闘争するにはやむを得ない部分があったからこれについてどうこう言えるものでもない。フェミニズムが、というより昔の市民運動とはそういうものだったから。

 で、今でこそそういった野蛮な事をやらなくなったが、モノの考え方というかまあ元々下級兵士として戦っていた人々がフェミニズムを牽引しているので昭和臭いプロパガンダをしてしまうのはわかるのだが
  ネット社会でそれは不味い。偽りだらけのプロパガンダすれば例えばネット右翼や左翼のように嘘がバレて信頼を失う。本当に辛い時代だ。
 でもね?

  私は思うのです❗ 今がチャンスなのではないかと❗ 何故ならもうフェミニストはかつてのような汚い手段で戦わなくても良くなったからです。
 ありのままを主張しましょう。借り物コピペの言葉ではなく自分の言葉で。 
 「フェミニズムとはどういうものなのか」というのを外国の概念で語るよりも

 >・私はかつて社会からこういう目に合わされ、救いを求めてフェミニズム団体に身を寄せました。
 ・この子たちは性犯罪の被害者です。今の司法ではこの子たちを救うことが出来ず犯人グループは無罪放免で今でも口封じの為に狙っています。助けて下さい❗
 ・私は親から虐待された挙げ句に社会からはひどい扱いを受けました。心身ともに疲弊してとてもじゃないけど一人で社会復帰することは不可能でした。
 ↑
 フェミニズム的な主張を控え、こういうのを前面に出せば世論は爆発するでしょう。実際不幸な人が大勢いることは事実ですし、彼ら彼女らに寄り添う路線に切り替えた方が、そしてマスコミや中国と朝鮮とは一度距離をおいて置くことが重要かと存じます。
 今までのフェミニストとは格が違うということを見せつければ百のフェミ理論より数倍人々の心を動かす事でしょう。これからはクラウドファンディングの時代ですよ? もう本当の問題に取り組むべき刻ではないでしょうか?

            エルフのフェミニスト
 R・TYPEデルタ