🎃ヨモツンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

男性ホルモン欠乏すると?

 私の友達には一度に二股三股しているイケメン、チャラ男が多い。
 私自身は1.5人程度の経験人数だし今は独り者で右手が恋人。だから自分自身、男性ホルモン過多で極度のオ●ニストだと思っていたがそうではなかった。
 女にモテる男はオ●ニーのやり方もすごい。
 道具を使うのは当たり前でシチュエーションやらなんやら色々試していた。
 私は色々なツテから大人の玩具を貰うことがあるのだが未だかつて開封したことがない。
 使ってみようと思うのだが、高々ヌク為に色々やるのがかったるいのだ。そこまで情熱が湧かない。
 だがイケメンやチャラ男は違う。性に対してどこまでも真摯に、どこまでも旺盛な探求心を持っているからあらゆるオ●ニーの知識と実績がある。そして、彼らは仕事においてもリーダーシップを発揮してメキメキ出世するし、女の子を沢山落として同時進行で付き合うといった曲芸をやってのけるのだ。
 明らかに男性ホルモンの量に差がある、と感じて私は絶望的な気持ちになったものだ。
 男性ホルモンは《社会的ホルモン》という表現がある通り、人生を成功に導く成分なのだ。計算能力やリーダー性、楽観的で社交的、太陽のような性格……それら全てに作用している。
  
 私の実家は共産主義家庭で、母親はガチめのフェミニストだったが人権を認めて貰いたかったら女になってみな? という教育方針だった。私は死にもの狂いで女性的とはなんぞいや? と日々研究に研究を重ねた。その結果、判明したのは「女性にはなれない」ということ。
 子を産み育てる能力とそれに付随する思考回路。それが揃って初めて女性的と言える。

 f:id:jonjonino7:20211023200047p:plain
 
 ↑
 勝部氏のような振る舞いはどんな事実を突き付けられても痛くも痒くも無く、目的に向かって特攻出来る男性ホルモンが為せる技なのだ。
 と、いうより女は女らしくなりたいと思って女らしくなっている訳ではないし、そんな余剰エネルギーはない。

 そして私の男性ホルモンは勝部氏の半分にも満たないだろう。
 ちなみに男性ホルモンが少なければ女っぽくなるか、というとならない。平均よりより覇気のない男性になるばかりだぞ? 勝部氏は忌々しく思っているであろうが実際に無くなったら情熱が足りない哀れな男性に成り下がるだけ。

 男に産まれたら男っぽく無きゃ人生は上手くいかないし、女に産まれたら女らしく無きゃやっぱり人生は上手くいかない。
 ちなみにフェミニストは平均女性よりもかなり女らしい女ですよ? 試みにテストステロン注射してる筋肉質な女性と人格を比較すれば一目瞭然。

 男っぽい女はフェアリストに近くなり、フェミニズムから遠ざかる。そんな実例を我々人類は沢山見てきている。