🎃ヨモツンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

婚カツ

30代40代婚カツ女性の要望とか見ると女に産まれなくて本当に良かったと感じる。
男は幼少から減点方式で厳しく育てられる。
両親から物を教えて貰えず必要なコミュニケーションも取って貰えず体罰だけ受け続け、それは学校やそれ以外のコミュニティでも変わらぬ普遍的な扱いであり、そこから自力で這い上がり認められた者のみがコミュニティカーストに属する事が出来る。恋愛や結婚に限ればそこでの競争の上位ランカーのみエントリーが許される。
逆に言えば中間層以下は社会に出てから敗者復活戦の連続にさらされる。
無論、最下層には人権なしで実は社会から自殺を奨励すらされている。女からは毎度叩かれるし同性からも叩かれる、コミュニティに所属する事が難しいから女性以下の低賃金が約束される。
(最近の若い子は少子化による労働不足の懸念からだいぶ優しい育てられ方をする、とは聞いたことがあるが私は知らない)

逆に女性の場合は小さい頃から優遇され男性にくらべればとても大切に育てられる。困ったときには必ず誰かに助けて貰えるし社会保障も充実、サヨク団体は女性の味方、人権団体もテレビも新聞も雑誌も全て女性の味方で男性は常に女性の要望を叶える奴隷兼犯罪者役。
人生で上手く行かないことがあれば女性は優先して助けて貰えて男性に皺寄せが行く。
まさに上級国民のような人生だが、王族のようなマナーやノブリスオブリージュが身に付く訳もなく歳を重ねるごとにワガママなモンスターに変貌して行く。(何度も言うが今の若い子は知らん)
果たしてそのように育った未婚女性がアラフォーになった今は何を言っているのか、テレビや雑誌に何を言わされているのか?
「女性は歳を重ねるごとに美しくなるの」「わたしはわきまえない❗」「男は年収1000万が当たり前」

ちなみに同世代の男性のうち女と同じスペックの男性は30越えた時点で結婚を諦めます。自分に価値がないということはこれまでの人生で散々教えられて来ているしテレビのフェミニストたちは弱者男性と罵り叩いているではないですか? 
なのでそれが効を奏して自分の価値は0以下であるということをわきまえる訓練をされているからです。だから解ることは
同じスペックなら40代未婚女性よりも40代未婚男性の方がおそらく幸せだろうということ。

どんなに社会が甘かろうと若さと子を産むことしか価値がない女性は年齢とともに価値が目減りして行きます。一方男は社会貢献する本能とコミュニティからの要請があるのでどんどん価値が上がって行きます。何より今まで価値の無い存在として扱われているのですから顔がおじさんになればなるほど率先して社会貢献をしないと追い詰められて自殺するしかなくなります。
だから男性はどんなクズでも全力でがんばります。(本当は女性が内助の功でそんな男性を助けてあげれば男性はその女性の為にブーストをかけて竜のように掛け上がろうとするものですがジェンダー教育が25年続いた今はそんな女性は殆ど居ない時代ですね)なので結果的に未婚男性には居場所が出来ます。

 甘やかされてモンスターになって男性や若い女性を攻撃するシワシワ未婚オバチャンと黙って社会のための作業機械に徹する未婚オジチャンという2つの種族が産まれます。今は日本を解体したい国連の特定の国々が送り込んだフェミニスト工作員によってどうにか未婚オバチャンの名誉や人権、社会保障は護られておりますが・・・・どうですかね。子供を産むことが唯一の社会的価値だったかつての女性が若い男性女性を海外の工作員にノセラレて分断しているのは誰の目にも明らかです。
そして社会というのは無情なもので今まで特別扱いしていたのにある日突然手のひらを返す事があるのです。
若者「社会貢献しないお年寄りは負担なのでいりません」と。

女性の立場で考えたらこんなに怖い世の中はない。散々持ち上げ甘やかしといてbbaになったら
若い男女「素敵ですよ(怒らせたら怖いから)」 女性誌&化粧品「男はワガママ❗女は歳を重ねて美しくなる(後に引けない金蔓ちゃんだ)」 フェミニズム(共産主義)「ジェンダーギャップ指数がー(まだまだ分断工作に利用できる)」
↑
こんなのが透けて見えるようになるのです。もう若かった頃みたいなチヤホヤが無くなりますから、社会があまり本音を隠そうとしなくなり露骨になるんです。その時ようやく自分自身が利用されていた事を悟ります。自意識過剰ぎみに「女を性の対象としてみてんじゃねーよ」なんて叫んでいた十数年前の自分の姿が過ります。幸い女性の脳は利己的に出来ておりストレスにとても弱いのでそこから先は男性のせい、社会のせい、名誉男性のせい、という他責他罰的なスパイラルに突入してゆきます。



男性脳は共感する脳。女性脳は共感させる脳。
男性脳は社会貢献し群れを護ることに喜びを感じ、群れが破壊される事に怒りと悲しみを感じる脳。女性脳は自分や子供といった狭い範囲が幸せになることを望む脳で自分や子供が社会の犠牲になることに怒りや悲しみを感じる脳。
支配者に必要なのは共感する能力と群れを護り育て自分が犠牲になることに喜びを感じる脳なのであり、太古から男の支配者が多いのは当たり前なのです。
女性脳は自分と子供の権利を確保する為のマウントにしか興味がないから群れの統治が出来ないのです。全く出来ないのではありません。
自分が群れの為に犠牲になることが苦痛なのです。だから支配された方が幸せに感じますし事実、日本人女性の多くは自分に共感し利益を与えてくれる“フェミニズム”という男性に服従しているではありませんか?

 けれど私個人はフェミニスト達が必要です。
共にマスキュリズムを水際で防いでください。あれが上陸したとき日本は終わります。