🎃ヨモツンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

体罰ってなんやろ。

>来年4月に施行される改正児童虐待防止法で、親による体罰が禁止されたことを受け、「体罰」の定義や具体例を示した厚生労働省有識者検討会の指針案の概要が2日、わかった。しつけとの違いを明記し、「長時間の正座」「夕食を与えない」などは体罰に当たるとする内容で、3日に開かれる有識者検討会に提示される。

 指針案では、「たとえ親がしつけのためだと思っても、子供の身体に何らかの苦痛を引き起こす行為は、どんなに軽くても体罰である」と定義。その上で、「宿題をしなかったので夕飯を与えない」「他人のものを盗んだので罰として尻をたたいた」などは体罰に当たると例示した。

 一方、しつけとは「子供の人格や才能などを伸ばし、社会のルールを身につけさせる行為」と説明。「道路に飛び出しそうな子供の手をつかんで保護する」「ほかの子供に暴力を振るうのを制止する」など、罰を目的としないものは、体罰に当たらないとした。過去に起きた児童虐待事件では、親が「しつけ」と称して体罰をふるったとされる例が目立つ。

 厚労省は有識者検討会の意見を踏まえ、今年度内に指針をまとめる。

 

◇指針案に盛り込まれる「親の体罰」の例

・尻をたたく

・殴る

・長時間の正座をさせる

・夕飯を与えない

※いずれも理由を問わず禁止

                読売新聞
>改正法では、親は「児童のしつけに際して体罰を加えてはならない」とした。児童福祉施設の施設長らによる体罰も禁止する。体罰の範囲については厚生労働省が今後指針で定める。 
              日経新聞


・・・・うーん。どうだろう?
オイラが子供のころテレビの中の教育論者はこぞって体罰教育の必要性を説いてたものだからなあ。
何か猟奇的な事件が起きる度にアニメや漫画を引き合いに出しつつ体罰を与え厳しく育てないとロクな大人にならない❗と力説していたからね。
そればかりか些細な事まで全て体罰教育で矯正できる❗とまで豪語していたような。😅

例えば今でいうコミュ障やPTSDや鬱病やADHDなんかも全ては親や社会の甘やかしが原因で起きるものであるから徹底的に痛め付けて厳しく育てるべきだ!っていうのが社会全体で信仰されてたんだよなあ。2000年代まで。

でー、個人的にはですねえ・・・・この体罰。例えば、痛みを教えたり人としてやってはいけない事を躾る!という意味に置いては正しいと思う訳ですよ? ほれ、上級国民のご子息様による集団婦女暴行事件とか観てると、ああいう傾向のガキは義務教育の段階で教師が完膚なきまでに天狗の鼻をへし折って置く必要性を感じますな。👺💢💢💨

その一方で、じゃあ?そんなケースはどれほどあるのか?と問われると・・・・まあ、上級国民の数から考えたらそう多くは無いだろうし、そもそもそんな親を持ち将来大物になることが確定しているガキ相手に拳を上げられる教師が果たして実在するのだろうか?という疑問と、そもそもそれを見分けて適切に体罰を与えられるような万能人材が果たして安月給で朝から日付が変わるまでこきつかわれる教職員になったりするのだろうか?
という疑問がある。

手前味噌で申し訳ないけど、体罰が当たり前だった時代を過ごしたオイラは将来上級国民になることが約束されたガキを公平に殴れた教師を知らない。
体罰で殴られるのは、後日やり返される心配の無い家庭の子供ばかりだよ。(実際当時は殆どの家庭が教師に家の子を殴って下さいとお願いしていた)

だからこそ、不良化する同級生も多々いた。強気でやり返せば体罰の標的にされないことを悟っていたので 笑
特に部活動が始まる中学校になると一気にそういう人間だらけになった。体罰MAXの中でイジメや暴力により相手を屈服させる❗というのがスタンダードになって、最早産まれた家庭に関係なく全員が今でいう「DQN」になっていった。

彼らは自分の子供にも暴力によって教訓を与える人材に育っていった。恐らくその体罰を受けた子供たちも、将来自分の子供にも体罰による教訓を与える親に育って行くのだろう。
 俺も親と学校両方に体罰で育てられてそんな感じになっていたからな。殴って恐れさせる事が最良の教育である。正しい生き方は殴られた本人が自分で探すのが当たり前。そんな思想。

もしかしたら現在の体罰容認派の多くは体罰が無くなっていってしまった時期の学校しか知らないのかも知れない。どうも体罰教育に関して幻想を抱いているフシがある。それは

「体罰と同時にどうすれば良いのかを指導して貰える」という幻想。当時から「熱血教師」なんてのはアニメやドラマの中にしか存在していない。

ゆとり教育の後期になってからなんだよ。キチンと大人が子供に説明するようなマトモな教育になったのは。それ以前は気に入らない奴は殴って怒鳴り付けて終了。それも悪いことをやったからとかじゃなくて
「クラス全体からイジメられたから」とかだぞ?

イジメられても体罰。コミュ障でも体罰、レイプされてPTSDになってる奴にも発達障害にも厳しく体罰!

けれども本気でやり返してくるイキリ君には体罰はしない。

それがかつての体罰教育❗

f:id:jonjonino7:20191225033355p:plain

そりゃあヴィンランド・サガのトルフィンみたいな奴がいっぱいいた訳だよ(笑)

日本に置いてネットやテレビで「児童虐待の世代間連鎖」と表現される場合、この「体罰教育を受けた親から子への連鎖の事」である。と覚えて置くと理解が早い。
どうしてここでこんな回りくどい表現の仕方をするかと言うと、本物の児童虐待と区別する必要がある為である。何せ、良かれと思ってやって結果としてヒートアップした「体罰教育」と
最初から悪意に満ちた拷問を目的として長時間に渡り死ぬほど激しい暴行が続く「児童虐待」は、似て非なるものであるから。

それなのにメディアが味噌も糞も一緒にして語ろうとするのは実は戦後、体罰教育を煽って来た事の責任逃れなのである。😅
日本のテレビは児童虐待と連鎖する体罰をごっちゃにすることで、「児童虐待(体罰)は、苦しむ親による一子相伝の連鎖である」という日本にしか通用しない謎理論を展開しているのである。

そして残念なことに多くの人々はこのテレビやネット工作員の掌で踊らされている。