🎃ヨモツンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

バカと煙は高いところがお好き。

まずな。男も女も老いも若きも未婚も既婚も年収も学歴も関係無くバカというのは存在していて多種多様だが、1つだけ揺るがぬ共通点がある。

それは
   「人より」高いところがお好き。

って所。例えば登山家のようなタイプではなくて、人が持ってるモノを欲しがるタイプのうち小さい頃から色々な方法で奪ってきたような人間。

サイコパスの特徴とも被るけど、ややこしいのでそれは、おいといて。古くは古代中国なんかの文献にもそういう事例が登場する。古今東西分かりやすいバカが、教育ママとか後宮で争ってるバカ女だな。バカ者は「バチェラー」みたいな駆け引きが大好きなんだろうが、賢い人々はそれらの人々を不思議な目で見ている事だろう。

 何故か?賢い人々は、ワザワザ既存の「1等賞」目指してそんな醜い奪い合いをせずとも、例え今は世間から評価されていなくともコツコツ自分の世界を構築した者がパイオニア=1等賞とやらになれることを知っている訳だから。逆に言えば、ランクに拘って涙ぐましい努力をすることは一流になることとは正反対の努力であるとも言える。ねずみ講と同じで、実は利権団体に踊らされてるだけのB層だ。
直近では、例の30階マンションがそうだったろ?あれに億の価値なんて無かったんだよ。

その手の競争の無益さは実家が音楽教室だからよーく知っとるw業界の売上に響くだろうからあまり悪口は言えないがまあ、
あれは非情な世界だ。ヒントとして
「クラシックの世界に不細工は居ない」

ほーら。皆さんご存知「ピアノ教室のコンクール」の時は美醜問わず実力を評価されていたのが、最終的にピアニストというのは美男美女しか居ない。不思議な話だ。音楽を続けていると美音のシャワーを浴び続ける事で美容に良いと言うのであらば、既存のエステは全て廃業であろう。
だが、そうなっていない。


  あのね。プロの世界だと「見た目の美しさ」も評価に含まれちまうんだあ!

つまり、ブスだとどれだけ努力してランキングを上げようと、必ず最後は足切りされて後輩達の奴隷になっちまうシステムらしいんだあ!

 こうして絶望したブスはそれまで他人より上だの下だの下らない競争の経験しかないので

他の生き方がわかる筈もなく、頭と心が弱い人間ならそのままフェミニズムみたいな宗教に走って、例えば孤児の男の子なんかをいじめるようなモンスターに成長する。
女の子に噛ませ犬の男の子を与えてイジメのやり方を教えるようなクズに悪性変異する。

といった感じでランキングの競争世界ってのは、一位になんないと何も手に入らない不毛な世界なんだよなあ。脱落したら手元に残るのは相手を不当に引きずり卸すイジメの方法やらマウントの取り方や後輩への牽制の仕方やらw
あとは他人の仕事のコピーだけ。オリジナリティ皆無。まるで課金ゲームのように・・・・。

いや、いいんだよ?例えば単純にデュエリストでランク争いを楽しんでいるのであらば。そこから得られることもあるでしょう。ピアノはある種、モータースポーツに酷似している故に、技術を高めあってデュエルのあとはお互い称え合う何てのも素敵だ・・・・・ただ、そういうのは遊びが本分の男の思考であって、虚栄心や依存心の無いレアな女性だけ・・・・いや、言い過ぎた。女の持つそういった殺意に満ちた不毛な奪い合い潰し合いの精神は恐らく我が子の利益を最大化する為に進化させて来たものであろう。

という訳で、フェア精神を持った男性的な思考の女性というのは、フェミニスト女のカースト世界では「協調性の無いイジメられっこ」の称号を押し付けられている側の人間になるからまあ・・・・現実的にあり得ないね。┐('~`;)┌

そうだなあ。こんな現状を生前のショパンやモーツァルトに見せてやりたいもんだ。奴等の事だ。さぞや楽しいリアクションをとってくれるだろう。
ショパンはジョブスみたいな人だから言わずもが。モーツァルト何てもう、そんなB層のB層によるB層の為の俗物カーストまみれのウンコみたいな業界見ちゃったら・・・・・むしろ創作意欲爆発だろ?wwwww
「音楽業界という名の下水道に住んでるお馬鹿ちゃんたち、可愛いウンコありがとう🎵」みたいな勢いで名曲をひりだし続けてくれるだろう。


バカは陰湿なイジメと理不尽で不当な要求と、責任を相手に求める性質と、メンタルの弱さを併せ持ったサイコパスみたいな存在だが
このように、何処かの誰かが残した座を奪い合う狭い狭いカーストの中で生きているジメジメした生命体故の生き残りの本能であるとも言える。
奴等の成功は他人の功績の上に成り立っているので、どんなに「努力して上位になったんだ!」と凄んでも・・・・・・何らかの事情でそこから弾きだされたら、ただの性格悪いゴブリンやで?😅
何にも残らない。「一流の物真似」なら一級品なんだろうけど、物真似は何処までも物真似であり偽物なんだよなあ。そして肩書きはそのコミュニティを追い出された時点で余り意味を成さなくなる。

いや、「〇〇賞をとった❗」何てのが世間を渡り歩くのに役に立った時代もあっただろうけど、精々IT革命でネットが一般化する遥か前の時代の話。
そう。今や誰もが若さと才能あらば労せず金を掛けずそのレベルまで行けてしまう時代。ランク争いをしてる間に門外漢のオリジナルにどんどん「1等賞」を取られてしまい、イジメで潰してやろうにも多勢に無勢。

もうね?そういう時代なの。カースト社会の外にこそショパンやモーツァルトの末裔がいて勝手気ままに活躍を開始している恐ろしい社会。今の若者は本当に恐ろしい存在なんですよ。うちら氷河期までの世代にしてみたら。

オカンよ・・・・そういうことなんだ。あんた他人の事をバカ呼ばわりしたり、容姿で弾かれピアニストになれなかった絶望を癒すためにフェミニズムに被れて、男を憎むようになり長男を虐待してただろ?噛ませ犬として使い潰しただろ?
当時のフェミ団体(今でいう反日団体)から与えて頂いたストーリーにおいて「長男」というのは家父制度におけるサタンだから、それを退治することはあんたにとって聖なる闘いだった訳だ。
親父をけしかけて襲わせたりな?
そして表向き俺は潰れて放浪しているないしは死んでいることになっていた。花を持たせてやったのさ。暴走したあんたが次のターゲットを妹に移さないようにな?

「悪魔の子との戦いの物語」は楽しんでいただけたかな? まあ、妹の結婚式に呼ばれたから結果的に姿を現すことになっちまったがw(老けたなお互い!)
いっちゃあ何だがあんたが本来戦うべきは腐敗した音楽業界であり、俺では無かった筈だ。だが、あんたは心の弱さ故に自分よりも立場の弱い相手に攻撃がいってしまった。それも、当時は団塊の世代が世の中の主導権を握り家父長制度も長男信仰も消滅し、揺り戻しで男の子・・・長男叩きが流行っていた90年代~00年代だ。
お前らフェミが考えているような「男利権」何てのは遥か昔に消えてたんだよ。それが証拠に長男をどれだけ虐待しても世間から何も言われ無かっただろ?寧ろ育児本では男の子をぶっ叩く事がトレンドだったし称賛する声の方がマジョリティだった筈だ。あんたは結局、音楽業界の利権に振り回され、フェミニズムに振り回され、インチキ育児本にまで振り回されたB層に過ぎず、今まで幻覚の世界で悪魔と戦っていたんだ。

俺は妹の安全のためにも叩かれ役を買っていた。妹達は最初は躊躇っていたがやがて、良い感じに公正世界説バイアスが働き・・・・カーストに組み込まれて行った。北九州の事件のシステムとまーったく同じだ。

バカは洗脳されやすく、心が弱い・・・・いや、これは間違いか?女がバカだと言われる理由の一つが心の弱さだ。女は自分より強い相手に洗脳されやすい。それだけなら良いが反発心は自分より立場の弱い相手に向かう。だから女は困難に打ち勝つ能力がない。

群れてる典型的な女はな?

女の中には孤独に耐えて困難をぶち破る化け物も確かに存在する。少数だし同性からはイジメのターゲットにされやすいし、フェミニズムとは無縁の人間達だが。
タワーリング・インフェルノ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ところで、件のマンション住民はそろそろ不動産業界訴えた方がいいんじゃね?
今、ムサコを叩いて他の土地のブランディングを進めてるのが不動産業界だから、当然ネットやマスコミにも工作員送ってるだろうし。