🎃ヨートゥンヘイムの路地裏で・・・щ

沸き上がる愚考と妄執、怨念、劣情にまみれた悪霊達が綴る邪悪でホラーなブログです。👻心のキレイな方も歓迎致します。ただしあなたの魂は徐々に汚れて行きますので自己責任(良い言葉だなあ😈)で御覧下さいヒヒヒヒ・・・・・ヾ(゚д゚)ノ

イジメとは何か?

>立中学3年の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題で、県の調査委員会は20日、同級生3人によるいじめが原因とする調査結果を公表した。当初いじめを認めなかった地元の取手市教委の対応について「極めて問題だ」と厳しく批判した。菜保子さんの両親は「娘の訴えが受け入れられた。やっとたどりついた」と話した。

 報告書では、菜保子さんが同級生から連日のように「くさや」と呼ばれたり、アルバムに悪口を書き込まれたりした行為をいじめと認定。いじめた同級生が音楽室のガラスを割った際に、「自分は関係ない」と複数の教員に訴えたが、連帯責任などを問われたことが自殺の引き金になったと指摘した。


これは、現在被害を受けた児童が美形で賢く、優しい性格だったという事で今ネットで話題になってる内容ですが・・・・同時にこんな子が何故イジメられた?と物議を醸しています。

そこで今回はイジメとは何か?どうして学校で起きるのか?を俺様が解説して行きたい❗



      「イジメとは何か?」


まずイジメを始めるタイプに共通しているのは

・出る杭を叩く ・頭が悪いがプライドが高くワガママ ・人の物をすぐ盗み起源主張する
・なりすまし ・背乗り ・すぐ自分が不遇な環境で育ったと声高に叫ぶが内容は本人の経験によるものではなくテレビのコピペである。 ・異常な程執念深い性格でストーカー体質。 ・自己正当化の塊 ・優しくされると、相手は自分より弱く愚かな存在であると認識する。つまり、ひさしを貸されたら母屋を取りたくなる。(かといって、特別貧乏な訳でも不遇な訳でも無くて、寧ろ自分より立場の弱い相手から率先して奪う)
・常に群れている。・常に被害者意識と権利意識が異常なレベルで強い。
・大人しい人間、PTSDを患った事のある人間に率先して寄生しようとする。(最後はイジメの標的にする。) ・良心の呵責が無いのかイジメの為の嘘の根回しが半端ない。
・比喩的な意味で声が大きく妙な人権団体と絡みがある。

・しばしばレイプするが、相手から求められて仕方なくやったと脳内変換
・息を吸うように嘘をつく ・追い詰められると味噌も糞も一緒にして煙に巻く。
・自分の悪い特徴を相手に投影する ・豆腐メンタル ・独創的な人間を恨む ・クリエイティブな仕事が出来ない ・アホ貴族の如く雅に着飾るが、自分のセンスではなく流行りもの

・群れたがる ・孤立してる奴は無能だと思ってる。

↑
イジメをやる人間というのはこれが全部当てはまるのだ。当てはまれば当てはまる程・・・・ではなくて、必ず全て当てはまる。
そして、こういう特徴を民族規模でもっている国家もある。その国家の歴史を紐解けば、面白いことに、その国はかつて全く違う「柔和で知性的な顔の民族」が治めていた。
それがある時期を境に「つり目でエラの張った意地悪な顔の民族」に綺麗に入れ替わってしまった。
大きな戦争に負けて占領された訳ではない。
それは民族が入れ替わる前の歴史をそっくりそのまま引き継いでいる事からも明らか。通常なら戦争に負けて占領された国の歴史は消されて上書き保存されるのが常だが、かの国の場合は

歴史やアイデンティティーはそのままに民族だけが上書き保存されているのだ❗
つまり、後から来た民族が元の民族に成り済ましているのだ。しかし、戦乱の痕跡はない。
彼らは戦うことなく騙して被害者意識全開で土地の起源主張をし始め、嫌がらせをしながらネイティブから土地を奪いレイプして子孫を繁栄させてきたのだ。・・・・乗っ取りをかけた彼らは元々鹿に跨がり移動しながら狩りを主体とする民族であり、時として人も襲うような山賊タイプであり、そもそも土地も文化も持たないライフスタイル。

それが今や南北に別れて「歴史ある国家」を名乗っているのだ。


ともあれ実はこのような事案は世界史的にみれば色々な地域で起きている。

これを「背乗り」という。


彼らは先天的に劣った個体なので、通常の方法では種としての生存競争に負けてしまい上手く子孫を残せないし、社会からも弾かれてしまう。


  通常であれば。

ところが「適者生存」という言葉があるとおり、実は優秀な遺伝子を持っているからといって繁栄出来るとは限らないし、劣等遺伝子を持っているからといって滅ぶとは限らないのだ‼️

つまり、人類には二種類いるのだ。身を粉にしながら社会を作るタイプとイジメをしながら社会に寄生して最後は乗っ取るタイプと。DNA的には前者が優秀で後者が劣っているということになるが、「生存戦略」となると話は変わってくる❗





「イジメ」とは遺伝子の形質が劣った種が子孫を残す為の奇跡の生存戦略でありイジメ遺伝子による大逆転劇なのである!今イジメをやっている人々の多くが、劣ったオツムと劣った容姿、劣った感性と引き換えにイジメ遺伝子という宝物を御先祖様から引き継いでいるのだ。

最後に笑うために・・・・。

そして彼らは時として犯罪を行うサイコパスとして描かれる。だが、彼等には彼らなりのイジメやレイプや背乗り行為をやらなければならない事情があるのである。

    「何故学校で頻発するのか?」


端的に言うなら学校には警察がいないからである。

これまで述べてきた通り、イジメとは劣等な遺伝的形質を持った種の生き残り戦術であり、イジメをやりたい衝動というのは彼ら遺伝学的に劣った個体にある御先祖様からの遺産「イジメ遺伝子」による物なので、いくら彼らに素晴らしい環境を提供してもイジメをやる人間は周囲を巻き込みイジメをやるのである。
また、学校は才能を競い合わせる闘技場であるので、彼らもまた唯一の自分の才能であるイジメや嘘や背乗りをフルに使うしか無くなるのである。

彼らもまた自分の子孫を繁栄させる為に努力しているのである。なので、それを批判する権利は我々優良種たる人類には無いのである。




      「終わり」


ただ、その手の人間には絶対に加担しないこと、関わらないこと、深入りせずに縁を切ること。

道義的な意味では無くて彼らイジメ遺伝子を持った種は「ひさしを貸してもらって母屋を取る」タイプなので、加担すると自分自身が危ないのである。
かつての朝鮮半島のようになりたくないなら、出る杭を打つような自称「陽キャ人間」からは距離をおいたほうが経験上良いでしょう。彼らには彼らの世界がある。でも同調しなくてよいのである。

それは彼ら遺伝子的に劣った種によるファイナルファンタジアなのだから。






弱さと邪悪さと偽善は表裏一体。

そして、イジメとは、言うなれば弱者の生存戦略なのである。


故に、俺はイジメや集団ストーカーを否定しない。

同じ劣った遺伝子を持つクズとして。